子供さんのいらっしゃる夫婦の場合は夫婦関係がどれだけ破綻していたとしても子どものためということで別れないケースもあります。

 
夫婦関係が壊れてしたとしても子どもにとっては父親と母親なのです。一緒に同居したいものですのでそう考えると我慢してしまうというのも少なくありません。

 
親の事情で子どもには強制的に片親と同居する権利を失わせてしまいます。

 
そのあと1週間に一度会えるととしてもそれでも一緒に暮らせないことによって寂しさを感じてしまうのです。

 
しかしそのために自分達が仮面夫婦をし続けるのはいいことなのでしょうか。

 
解決方法としてはまだ子どもが小さいうちは離別をせずに子どもが大ききなってから別れるという方法もあります。

 
もう親が恋しいという年齢を超えてから別れるのです。

 
そうしますと子どももまだ寂しい思いをしなくても済みます。

 
一生子どものために我慢をする必要はありません。子どもが成人になれば自分達の都合で別れても構わないのです。

 
そのかわり子どもの前では仲のいい夫婦のふりをしてください。

 
もしもそれができなくなり、子どもの前でもけんかをしてしまうようになればもう別れたほうが賢明です。

 
子どもの教育上もよくないからです。