この場合は周りに離婚している方が少ないのが要因であることが多いのです。

 
まだ周囲に離婚している方が多い場合でしたら、離婚に対するイメージも違ってきます。忍耐力がないからとか、夫婦関係をよくするための努力をしていないとか決めつけられることもあるのです。

 
しかし周囲にそういう方がいらっしゃれば理解してくれますので非難されることはありません。

 
ですので我慢する方も多いのです。

 
しかし非難されるかもというのはただの被害妄想の可能性もあります。

 
周囲に離婚をした人がいなくても最近で別れる夫婦が昔に比べて多くなってきているというのは知っているはずです。

 
また、夫々の家庭の事情がありますのでこらえ性がないと判断されるとは限らないのです。

 
一生懸命に幸せなふりをしていても実際にしあわせでなければ意味がありません。

 
本当に大事なのは人から見て幸せであることなのか、自分が幸せになることなのかを考えてください。

 
世間体を気にしていますと大切なものを失ってしまいます。

 
きちんとその経緯を話すことによって周囲の人も理解してくれるはずですので安心してください。