夫や妻と離別をしたくてもできないケースもあります。
相手のことはもう昔のように好きでないものの、一人では寂しいからという理由でしない方もいらっしゃるのです。

 
しかしそういった理由で踏みとどまるのは本当に正しいことなのでしょうか。
実は好きでない人と一緒にいるほうが逆にさみしさを感じることも少なくないのです。
寂しさというものはただ人がそこにいればまぎれるというものではなく心が通じ合ってこそまぎれるものなのです。

 
ですので寂しくなりたくないという気持ちが逆に寂しさを助長しているのです。
この場合には思い切って離別をすることを考えてください。

 
一人で暮らすのが嫌なのでしたら実家に戻るのも方法です。また友達の暮らしている家の近くなどに暮らすのも一つの方法となります。

 
さみしくならないようにあらかじめ対策をしておくのも方法です。
これで心置きなく離別できます。

 
子供がいる場合には子供の親権をもらう方法なども考えてください。
準備をしっかりとしておくことで寂しさ対策もできます。

 
一人がさみしいのかそれとも心がさみしいのか本当のところについて今一度考えてください。
別れてしまったほうが逆に毎日が楽しくなる可能性もあります。